白ニキビの原因は?正しい対処法でニキビケアをしよう!

 

ニキビはどんな形であれできてほしくないものですが、特に白ニキビは厄介なものです。

白ニキビとはニキビの初期段階の状態のことで、コメドや面皰ともいわれるのですが、このときにきちんと対処をすればきれいに治すことができます。

白ニキビは毛穴の中に毛穴から分泌された皮脂と、古い角質が混ざり合って固くなった角栓が詰まった状態のものでその詰まった角栓は見た目には白く透けて見えるので白ニキビと呼ばれています。

炎症が進んだ赤ニキビや黄ニキビより硬い角質に覆われているため、抗菌剤を塗っても効果が出ないのです。

あまり痛くもかゆくもないので、白ニキビはそのうち治るかと放っておく方も多いのですが、放っておいても治ることはなく、徐々に数を増やして目立つようになってしまいます。

角栓が毛穴に詰まってしまう原因には肌の乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れなどと言ったことによって皮脂が過剰に分泌されるとできやすくなります。

他にも食生活の乱れや睡眠不足、加齢などによって肌のターンオーバーが低下してしまうと古い角質が毛穴の中に残ってしまい、それが皮脂と混ざりあってしまうことでも角栓ができてしまいます。

白ニキビができていると、毛穴に詰まった角栓を指でつまんで取り出してしまいたくなることがあります。

しかし詰まった角栓を指で触ったりしてしまうことによって、手についている雑菌がその中に入り込んで症状を悪化させてしまったり、無理に角栓を取り出すとそれと一緒に毛穴の奥にある新しい細胞も取り出してしまって毛穴の免疫力を低下させて症状の悪化を招く原因となってしまうことがあります。

そのため白ニキビができても清潔でない手で触れたり、潰したりすることは避けるようにしなくてはいけません。

以前はこのタイプのニキビの効果的治療法はなく、普通のニキビのように抗生剤を内服したり、抗菌剤を塗るくらいのものでした。

しかし、現在は効果的なパックがあり、治りにくい白ニキビも短期間で治すことができるようになっています。

パックでマイルドピーリングすることでで、面皰の固い角質を薄くし、異常な肌をきれいに剥がして生まれ変わらせてしまう効果を持っています。

肌細胞を強制的に新しいものに生まれ変わらせているのです。

マイルドピーリングパックで、ニキビがなく、なおかつニキビを作りにくい肌を手に入れることですっぴんが自慢できるようになるはずです。