胸のボリュームアップさせるバストクリームを選んで効果を実感しよう!

 

最近女性の間で評判になっているのが胸に塗布するだけで簡単に胸のボリュームが出るクリームです。

胸のボリュームクリームはバストマッサージを併せるとより効果が高まると言われています。

胸のボリュームクリームはメーカーによって違いがありますが、「プエラリア」や「ボルフィリン」などといったボリュームに効果がある成分以外にも、コラーゲンやプラセンタ、ヒアルロン酸などの美容成分として肌のハリやキメに効果的なものと香料などが配合されています。

タイ原産のプエラリアはエストロゲンに似た働きをする植物で、ボルフィリンはハナスゲのユリ科の根の部分に含有されているサルササポゲニンから抽出された成分です。

これは、フランスの研究機関の分析結果で脂肪組織の増殖を促進する働きがある事が実験でも実証されています。

ボリュームクリームは塗布した部分に直接作用するので、特にボルフィリンが含まれている商品だと効果的だと言われています。

プエラリアは体の中に取り込まれることでエストロゲンと同じような効果を発揮しますが、ボルフィリンは塗布した部分の脂肪を増加させる成分です

ボルフィリンが胸の皮膚から浸透して皮下脂肪に直接作用することでボリュームを促進させてくれます。

胸のボリュームクリームを選ぶ時には「ボルフィリン」が含まれているかがポイントになります。

塗り付けるだけでも効果があると言われていますが、マッサージを一緒にすることによってより効果が高くなると言われています。

血行を促進させてくれて新陳代謝を高める効果がマッサージにはありますが、この効果により胸に栄養がよく行き届くようになります。

クリームを塗布した所にマッサージを行なうと肌のハリやキメも整い、ボルフィリンをもっと皮下脂肪に作用させることが可能なのでバストアップも期待できます。

ボルフィリンは最近特に注目されていて胸のボリュームアップクリームやジェル等にはよく含有されています。

ハナスゲのユリ科の植物の根から抽出された「サルササポゲニン」ですが、これは2007年に化粧品開発会社が研究していてこの成分が脂肪を増殖させるDNA配列などを解明してそれをボルフィリンと名づけました。

化粧品やバストクリームなど成分表記にハナスゲ根エキスの記載がある場合はボルフィリンが含まれていることになります。

ボルフィリンは開発した会社の付けた名前なので、ほかのメーカーだと直接記載されていないこともあり得ます

ボルフィリンの効果は脂肪細胞の増殖と分化を促進させて脂肪組織を増加させることです。

フランスの開発会社が行なった臨床試験では、18歳から35歳の女性30名を対象にして一方のバストにだけボルフィリンを5%配合したクリームを1日2回、56日間塗り付けた所、参加した女性のバストの8.4%の脂肪組織の増加が認められたと報告されています。

これは例えば脂肪組織が300ccのバストの女性だと約2ヶ月(56日)で325ccになったことを指します。

ボルフィリンの使用により塗布した部分の脂肪細胞に作用しその部分の脂肪量が増加する事が臨床試験でもわかっています。

研究データは約2ヶ月ですが、この結果に基づいて約6ヶ月使うと300ccなら381ccになることだって可能だと言われています。

ボルフィリンは経口摂取ではなくてクリーム等に含有されていて直接塗布して使用します。

バストの皮膚から浸透することによりその塗布した部分の脂肪だけが増殖する事がわかっていて、バストマッサージと併せて使用することで効果も高まると言われています。

気になる副作用ですが2007年に新しく発見された成分であり、これまでに重大な副作用が出たといった事例も報告されてませんし経口摂取ではないので安心です。

ただ、バストアップ効果ある女性と殆ど感じられない女性もいて、効果の出方には個人差があります。

他にもバストアップに効果があると言われる商品は豊富にありますが、クリームと異なり副作用が出ることも多いようです。

使用していると吐き気やそんなに食べていないのに急に体重が増えた人、胸にしこりや傷みがで始めたという声もあります。

バストアップは方法を間違えると逆効果になり体に悪い影響が出てしまいます。

そして女性の中で約70%の人が自分の胸に自信が持てないという悩みを持っていると言われています。

悩みを改善しようと怪しげな噂などを信じてしまい、正しい知識がないままでバストアップを実施して副作用に悩まされることも多いようです。

その中でも胸のボリュームクリームは副作用や失敗のリスクが低いバストアップとして注目されていて、リスクが高い豊胸手術やバストアップサプリよりも選ばれることが増えています。

評価の高いクリームは口コミなどでは実際の効果やコスパの良さなどが評価に結び付いているようです。

高い価格のものも珍しくありませんが、それほど高額でなくても効果の高い成分が含有されていたり独自の特徴があったりと、ナイトブラを使う手間なども省けるというメリットなどもあるようです。