青汁を活用してプチ断食に挑戦してみよう!

 

一言でいうと一切の食べ物を摂り込まない断食とは違って、プチ断食では栄養成分の高い飲み物等は利用しても良いとされています。

このような飲み物は通常食と比較して低脂肪、低カロリーですので、それでも十分に胃や腸を休ませる事が期待できますし、ダイエット効果も期待する事ができます。

プチ断食で成果を得るには、その時に利用するドリンク選びが重要です。

低いカロリーでもあって、しかし体に必要不可欠な栄養素が含まれていること、そして飲みやすい味わいであることなどを重要視することが必要です。

そこで推奨されるのが「青汁」です。

葉物野菜を中心として、様々な野菜、果物が使用されている青汁は、何てったって幾つもの栄養がバランスを考慮して含有されていると言うのが大きな魅力です。

例をあげれば青汁は健康効果は当然の事、ダイエットや美容面にも嬉しいビタミン、ミネラルは、普通の食事では十分な量を摂りいれるのが難しい栄養素です。

また腸内環境を整えてくれる効果が期待できる食物繊維も、豊富に含まれています。

ですので青汁を飲用するだけだとしても、体にとって必要最低限な栄養を摂取可能なので、安心してプチ断食を実施する事ができます。

栄養が足らな過ぎると、体は命を守るためにかえって脂肪分を溜めこもうとします。

それでは逆に太ってしまうことだって考えられるので、青汁で必要な栄養は十分に確保する事はとても大切なことです。

更に青汁はかなり低カロリーであると言うのも、推奨される理由の一つす。

ですので空腹に耐えられない場合は飲用する回数や量を増やす事も可能ですし、オリジナルのアレンジを加えて味わう事も可能です。

基本的に、固形食、そして脂質やカロリーの高い食事は摂り込まない事が原則です。

そういった所を守った上でのアレンジでしたら、それほどのカロリーオーバーにはならないで食事が楽しめます。

胃や腸に負担をかけず空腹感を満たすためには、例をあげるとヨーグルトと混ぜてみるとか、温かいスープに混ぜてみる、蜂蜜や黒砂糖を加えて飲用してみると言うのも方法の一つです。

プチ断食はまず開始前日に、通常の食事と比べて軽い食事を摂りいれることからスタートします。

その後、1~3日間、3食に代わり青汁などを飲用する生活を継続します。この期間はどれだけ長いとしても3日以内に留めるべきだとされています。

効率的に実行できるよう、大切な予定が入っていない日や、仕事がお休みの日などに実施するのが望ましいと言えます。

そして終了翌日ですが、この日にいきなり通常食に戻すのは体に対する負担が掛かってしまいます。お粥など、胃腸にやさしい食べ物を摂取するようにして下さい。

青汁を活用してプチ断食に挑戦してダイエットを成功させましょう!